血管年齢を若く保つには、バランスの良い食事、質の良い睡眠、運動、ストレスを溜めないことなどが重要になってきます。これらを常に意識することで血管年齢を若く保つことが可能です。

血管年齢を若く保ってアンチエイジング

アンチエイジングという言葉をよく聞きます。アンチエイジングと聞いて、どのようなイメージを持ちますか?老化を止めたり、若がえったり出来ると思ってるかもしれませんが、実際は老化を止めることは不可能です。アンチエイジングは、抗老化という意味で使われています。老化に抗って老化してしまうスピードを遅くさせるというのがアンチエイジングです。

やっぱり生涯若々しくありたいものですよね。アンチエイジングの一つの方法として血管年齢を若く保つというのも効果的です。アンチエイジングに大切なのは必要な栄養素を身体の隅々まで届け身体の各細胞を活性化することです。血管は体の隅々に通っていて栄養や酸素等を細胞に送る大切な臓器です。この血管が老化し機能をしなくなってしまったら、各細胞は栄養などが不足し老化は進む一方になってしまいます。

血管年齢を若く保つことがアンチエイジングにもつながりますので、お肌や健康に不安のある人は血管年齢から改善していきましょう。

血管年齢を若くする方法

血管年齢を若くするには、バランスの良い食事、質の良い睡眠、運動、ストレスを溜めないことが大切です。

食事は野菜を中心にします。野菜を中心にすると、食事全体が薄味になり、塩分、脂質、カロリーが抑えられます。摂りたい食材としては、えごま油や青魚、赤ワイン、お茶、コーヒーです。

えごま油にはαリノレン酸が多く含まれています。αリノレン酸は体内でDHAやEPAに変換されて血液をサラサラにする働きがあり、動脈硬化や心筋梗塞を防ぐ効果が期待できます。また、各細胞のバリア機能を果たす細胞膜を構成するのにも必要な成分なので、細胞の活性化には欠かせない成分です。そのためシワやたるみの予防にも役立ちます。

青魚にも血液サラサラ成分のDHAやEPAが多く含まれていて、動脈硬化を防ぐだけでなく、傷ついた血管を回復する作用があります。

アジの干物なら2尾、サンマなら1尾、えごま油は小さじ1杯が1日の推奨摂取量です。毎日食べるのは難しいかもしれませんが積極的に食べるようにしていきましょう。

コーヒーやお茶、赤ワインこれらの共通点はポリフェノールです。ポリフェノールは強い抗酸化作用があり、体内の酸化を防いでくれます。体の老化は酸化してさびつくことなので、それを防いでくれるのがポリフェノールです。ただ、コーヒーや赤ワインなどは摂りすぎも良くないという部分があるので適度な摂取が理想です。

血管年齢を若く保つのに効果的な食品を挙げましたが、これだけを食べていれば良いというのではなく、肝心なのはバランス良く栄養素を補給することです。また、せっかく補給した栄養素を効率よく活かすためにも睡眠や運動、ストレスの解消などにも気を配っていくことも大切です。

血管年齢の改善が生活習慣病の予防にも効果的

血管年齢を若くする方法は、野菜を中心とした食生活、運動、良質な睡眠、禁煙、ストレスをためないといった生活を心掛けることが大切です。一方、生活習慣病の原因は、偏った食事、運動不足、喫煙といった生活習慣のの積み重ねです。

両者を比べるとわかるように血管年齢を若く保とうとすれば、必然的に生活習慣病の原因も取り除かれていくことになります。血管年齢を意識するだけで特別生活習慣病を意識する必要もなく改善が見込めます。

血管年齢や生活習慣病を改善するというと難しいように思えますが、血液をサラサラに保つ意識をしていればそれほど難しく考える必要は無くなります。キーワードは血液サラサラです。

>>血液サラサラに効果的なDHAやEPA配合サプリメントならこれ