血管年齢を若返らせるには食事・運動・睡眠などの生活習慣の見直しが必要になります。食事や睡眠は黙っていても誰でも日常的に行う生活習慣ですよね。お腹が空けば必ず何か食べますし、食べなければ生命に関わってしまいます。睡眠もいくら頑張っても3日間寝なければ起きていられませんよね。

しかし運動は長期間しなくてもほとんど影響はありません。少なくとも食事や睡眠ほど危機迫ることはないので、意識的に運動をしなければそれで済んでしまいます。そのため運動をしなければ健康に良くないことを知りながらも、なかなか行動に移せない人も多いと思います。

運動は辛いと思っていませんか?健康を維持するための運動は辛くなるほどやらなくても大丈夫です。かえって辛さを感じるほどやってしまうと逆効果になってしまうこともあります。

血管年齢を若返らせるための運動について見ていきましょう。

なぜ運動すると血管年齢が若返えるの?

わざわざ運動をしなくても食事や睡眠で血管年齢が若返るならそれでいいのでは?と思っている人もいらっしゃるかと思いますが、運動を取り入れるのにもわけがあります。

血管年齢は動脈硬化の進み具合をわかりやすく数値化したもので、若返らせるためには動脈硬化を改善していかなければなりません。

動脈硬化は血管にコレステロールや中性脂肪などの脂質が溜まり、血管の柔軟性や弾力性が失われて血液がスムーズに流れなくなってしまうことが問題です。ですのでコレステロールや中性脂肪を減らしてそれ以上血管に溜め込まないことと、溜まってしまっているコレステロールや中性脂肪を解消して血液の流れをスムーズにしていくことが動脈硬化の改善策です。

食事に気を配ることで余計な脂質を摂らないようにしたり、溜まっている脂質を解消する栄養素を積極的に摂ることで血管年齢の改善が見込めます。しかし、余計な脂質は溜まりませんが既に血液の流れが悪くなっているので栄養素を潤滑に必要な細胞まで届けることが難しくなっています。

睡眠は臓器や組織の回復やストレス緩和などに効果的で、ストレスによる機能不全や活性酸素の発生を防ぎ血液の成分を健全に保つために臓器などの機能回復をしていく働きがあります。しかし、血管内に溜まってしまっている脂質を解消する効果は薄いです。

運動をすると血流が促進されるため食事で得られた栄養素を効率的に各細胞に運ぶことができるので、血管に溜まっている脂質の解消も効率的に行えるようになりますし、代謝が活性化されるので各細胞の働きが活発になってそれぞれの機能を効率的に行えるようになります。血液中の善玉コレステロール(HDL)が増え悪玉コレステロール(LDL)が減るというのも運動によって得られる効果です。

血管が詰まっても狭くなっても医療の発達によりそれを取り除くことができます。しかし、血管の弾力性や柔軟性は医療機関に掛かっても柔らかくすることはできません。運動により細胞を活性化させて血管の弾力性や柔軟性を保ちましょう。

運動をすることで食事や睡眠から得られるメリットを効率化することができるので、血管年齢の若返りには運動を取り入れることも必要です。

血管年齢を若返らせる運動とは?

運動というと、激しく体を動かすイメージがあるかもしれませんね。しかし、激しい運動は血管に負担をかけてしまいます。有酸素運動という言葉を聞いたことはありませんか?酸素を十分取り入れながら行う運動です。

有酸素運動はダイエットなどでよく使われる言葉ですが、軽い負荷を体にかけ続けることで酸素を取り込み脂肪燃焼を促進してエネルギーに変えていく運動です。

血液中の脂質を燃焼させるだけなら20分程度で良いのですが、肥満や内臓脂肪などは血液の健康にも良くないので体の中の脂質を燃焼させて体内環境を整えることも血管年齢を改善するのに効果的です。

具体的には、水泳やエアロビクス、ゴルフ、スクワット、ウォーキング、ジョギングなどです。水泳といっても、泳がず歩いてもいいですし、家でスクワットやエアロビクスをしても良いですね。時間としては、30分以上が目安です。無理せず続けられることが一番重要なので、30分以上運動しても疲れ過ぎないウォーキングや水中歩行などから始めるのがおすすめです。自分に合った運動を見つけましょう。

運動不足を解消して健康的な血管年齢を取り戻す

運動不足とは健康を維持するための最低限の運動もしていない状態のことを言います。自分が運動していないと感じていたら運動不足です。まずは、週に2回30分の運動から始めましょう。

血管年齢を若返らせるには継続的な運動が必要です。運動不足を解消すると血管年齢は自然と若返ります。もちろん週に2回というのはスタートラインなので、慣れてきたり趣味として楽しんで取り入れるのであれば増やして構いません。

注意して欲しいのは、一日に60分以上運動したからといって週に一回で運動を終わらせないようにしましょう。一日に長時間運動を取り入れするよりも少ない時間を定期的にした方が血管に負担もかかりませんし、習慣化しやすいです。

自分に合う運動で、屋内で行うものと外で行うものを見つけておくと寒い日や雨の降る季節にも対応できます。体が不調を訴えているときには、無理に運動をせず休みましょう。焦ってもすぐに血管年齢が若返るということはないので、ゆっくり、自分のペースで運動を取り入れて健全な血管年齢を取り戻しましょう。

>>血管年齢若返りに必要な栄養素をピンポイントで摂るサプリメント