血管年齢は動脈硬化の状態を知る指標ですが、動脈硬化が起こる原因の一つに血管が弾力性を失っていることが挙げられます。

血管の弾力性が失われると血液を末端まで運びにくくなり、血液中の成分が滞って血栓や動脈硬化をさらに悪化させることにつながってしまうので、血管年齢を上げる要因になってしまいます。

血管の弾力性がなくなるとどうなってしまい、どのような改善策が効果的かというところを見ていきましょう。

血管の硬化が血管年齢を老化させる

血管年齢は血管の状態が年齢相応なのかどうかを知る指標です。血管も加齢と共に老朽化していくのは仕方のないことですが、近年の食生活や生活スタイルは必要以上に血管の老化を早める原因が数多くあるので、血管年齢が実年齢より高くなる人が多くいます。

血管年齢は血管の弾力性や詰まり具合、血管の狭さ等から算出しますが、特に影響を与えるのが血管の弾力性です。血管は年齢を重ねると共に血管細胞の老化や不純物の蓄積によって弾力性が失われていってしまいます。

血管の弾力性が失われると血液をスムーズに流す機能が損なわれるので高血圧になったり老廃物が溜まったりしてさらに柔軟性を失っていくという悪循環が始まります。そのため動脈硬化が進み血管年齢を老化させてしまいます。

では血管に弾力性がなくなってくるとどのようなことが起こるのか見ていきましょう。

血管に弾力がなくなるとどのようなリスクが考えられる?

血管年齢に影響を与えるのは特に弾力性と言いました。では、血管に弾力性がないとどうなるのでしょうか?

そもそも血管は弾力性と柔軟性があることで正常に機能します。血管は血液の通り道ではありますがそれだけではありません。心臓は、一分間に60~100回動いて血液を体に送り出してはいますが、心臓の力だけでは身体の隅々にまで血液をに送り届けることはできません。血管が伸び縮みして補助をすることで体全体に血液を送り届けています。

そのため血管の弾力性が失われると血液が隅々に届きにくくなるので、栄養や酸素も細胞に届きにくくなります。心臓に近い場所ではすぐに影響は受けないかもしれませんが、血管の末端では血流に勢いはなく、その場に留まる時間が増えます。

老廃物などがうまく運べないことも問題ですが、血液の流れが悪いと血管が狭くなることに繋がります。血液の中には糖や脂肪があります。たとえ少し多くなってしまても血液の流れがよければ血管にくっつくことはあまりありません。しかし、血液の流れが悪いと血管に糖や脂肪がくっつく可能性は高くなり、そのことによって血管が狭くなります。

血管が狭くなると血流は更に悪くなり最終的に詰まってしまう可能性があります。高血糖や高脂血症を指摘されている人は気を付けなければいけません。

血管の弾力性が失われると血流がうまくいかなくなり、血管年齢を押し上げるばかりではなく血栓や脳梗塞などのリスクを高めることにもつながってしまうということです。

血管の弾力を取り戻し血管年齢を若くするには?

血管の弾力性を改善するにはどうしたらよいのでしょうか?

まずは血管の負担を軽減することが必要です。まず簡単なことは血液をサラサラの状態にしてあげることです。血液がドロドロな状態ではスムーズな血流が生まれません。そのために血液をサラサラにする食生活を意識的にしていくことが必要です。

例えばクルミや青魚、なたね油などが血液サラサラに効果的です。くるみなら子供の片手一杯ぶん、青魚はイワシ八尾、なたね油は小さじ一杯が目安です。にんにくやたまねぎ、黒酢なんかも効果的です。しかし、これらの食材を毎日摂るのは難しいですよね。そんな時はサプリメントなどを活用していきましょう。魚嫌いの人でも魚の血液サラサラ成分DHAやEPAを効率よく摂れるサプリメントなどは便利です。

では、血管の弾力性を取り戻すには何をすれば良いのでしょうか?それは運動です。血管はゴムチューブのようなものです。硬くなったものを無理に引っ張ると切れますし、放っておくと硬くなります。ですから、少しずつ血管を伸び縮みさせることで弾力性を取り戻しましょう。

どのような運動が良いかというと、ウォーキング、ジョギング、水泳やエアロビクスなど有酸素運動と呼ばれるものです。その中でもウォーキングが手軽に始めることのできる運動です。1週間に2回30分を目安に始めてみましょう。運動は続けることが大切なので無理にならない程度のことから始めるようにして下さい。

普段運動をしている人やウォーキングをしている人もいるかもしれませんが、その場合は徐々に負荷をかけていくようにしてください。軽い負荷を時間も期間も続けることで効果的になります。

血管の弾力性は、すぐに回復しません。無理なく続けることで少しずつ若返らせることができます。血管の弾力性を回復して、血管年齢を若くしましょう。

>>血管の負担を軽減するための血液サラサラサプリメントならこれ