疲れやすいのは血中コレステロールと中性脂肪のバランスが乱れてるからかもしれません。血中コレステロールと中性脂肪は同じ脂質ですが、その働きには違いがあり、このバランスが乱れることで血液中の脂質異常状態になって血液循環に支障が起き、疲れが抜けない、さらには疲れやすいということが起きている可能性があります。

中性脂肪は細胞で必要とされる必要量以上の脂質を摂ることで余った脂質を善玉コレステロールが肝臓に運び込み、肝臓で代謝されることで作られます。そのため脂質の摂り過ぎが中性脂肪と血中コレステロールのバランスを乱す原因なので、食事を改善していくことで疲れやすさも改善されていきます。

血中コレステロールと中性脂肪の違い

血液中には多くの栄養素含まれています。血液検査の結果を見てみるとコレステロールだけでも3項目、それに加えてアルファベットが多くならんでいます。中性脂肪はTGで表され、血液中のコレステロールは総コレステロールと表されています。

コレステロールと中性脂肪は体になくてはならないものですが、同じ脂肪でも働きが違います

コレステロールはホルモン生成の原料になったり細胞膜の構成成分、神経系に関わる成分として体全体に存在しています。

一方、中性脂肪は貯蓄型の脂肪で、人間が活動するための予備のエネルギーになります。激しい運動をした時や食事などからのエネルギーが不足すると、溜めておいた中性脂肪をエネルギーとして使って生命維持をしていきます。皮下や内臓脂肪という形で溜め込むので肥満の原因として悪い印象がある人が多いと思います。

血中コレステロールと中性脂肪のバランスが疲れやす原因?

血中コレステロールは善玉コレステロール、悪玉コレステロールと呼ばれるものがあります。HDLコレステロールは善玉コレステロール、LDLコレステロールは悪玉コレステロールのことを指しています。

HDLは細胞で使われなかった余分なコレステロールや細胞壁に付着しているコレステロールを肝臓へ運ぶ働きがあり、LDLは肝臓から各細胞にコレステロールを運ぶ働きをします。

血中コレステロールや中性脂肪が少ないということは、現代ではあまりありません。貯蓄型の中性脂肪が低くないならば備蓄エネルギーが沢山あり、エネルギーが余っているということになるので疲れにくいというイメージがあります。

しかし、中性脂肪が増えるとHDLコレステロールは減ります。コレステロールを回収するHDLコレステロールが減ると血液中にコレステロールが増えてしまいます。血液中にコレステロールが増えて血液がドロドロになると血流が悪くなり栄養素が細胞に届きにくくなります。

つまり、脂肪はあるのにエネルギーが不足している状態になります。そのため、疲れが取れにくく疲れやすいと感じるようになってしまいます。

血中コレステロールと中性脂肪をバランスよくするには

血中コレステロールと中性脂肪のバランスを良くするには、食生活を見直すようにしましょう。中性脂肪が多い人は甘いものが好き、お酒が好き、太りぎみという特徴があります。まずは、カロリーを控えめにして腹八分目を心掛け、肉類ではなく魚や野菜を積極的にとりましょう。甘いものを食べたいときはフルーツを食べる、洋菓子ではなく和菓子を食べるなどの工夫をしましょう。

食生活だけでなくウォーキングやジョギング等の有酸素運動で脂肪を燃焼させるのも効果的です。短時間で激しい運動では、脂肪は消費されませんので軽くても時間的に長く運動するように注意しましょう。

休んでも体が疲れやすいと感じたらコレステロールと中性脂肪のバランスが崩れているかもしれません。バランスを整えて疲れにくい体にしていきましょう。

また、血中コレステロールが多くなって血液循環が悪くなってしまうことが疲れの解消を妨げています。血液サラサラ成分と言われるたまねぎやにんにく、DHAやEPAなどを積極的に摂るようにするのも効果的です。

>>血液サラサラ人気サプリメントはこちら