健康や美容のためにダイエットにチャレンジする人が後を絶ちません。特に女性は過度なダイエットを繰り返す人も多いと思います。ダイエットを効率よく行うためには代謝がスムーズに行われることが重要なので血液の健康にも目を向ける必要があります。

ダイエットをする人は中性脂肪を何とかしたいという共通の願いがあると思いますが、中性脂肪は血中コレステロールが余剰になってしまうと過度に内臓や皮下に予備のエネルギーとして蓄えられていきます。中性脂肪を消費させたいダイエットにとって余剰なコレステロールは避けたいものです。

しかし、コレステロールにも大切な働きがあるので単純に少なければ良いというものでもありません。そこでダイエットと血中コレステロールの関係について見ていきましょう。

血中コレステロールの働き

血中コレステロールが高いからといって直接肥満になるわけではなく、肥満の原因となる脂肪は中性脂肪です。しかし、血中コレステロールが必要量を超えると肝臓で代謝され中性脂肪を作り出すことになります。

それならコレステロールを摂らなければいいの?ということになりますが、必ずしもそうとは言い切れません。コレステロールにも大切な働きがあるので、まずはコレステロールにどのような働きがあるのか理解しておきましょう。

血中コレステロールの働きは主に3つです。1つ目は、細胞膜の構成成分としての役割です。細胞膜は有害なウィルスや化学物質の細胞への侵入を防いだり、細胞に必要な栄養素を摂り込んだりするのに大切な働きがあるので、構成要素であるコレステロールの不足は健全な細胞形成ができなくなってしまうことになります。

2つ目は、ホルモンの原料としての役割です。炭水化物やたんぱく質、脂肪などの代謝をコントロールするホルモンや性ホルモンの原料として使われます。ホルモンは人間の身体を調整するのに大切な働きがあるので、コレステロール不足が体のバランスを乱す原因にもなります。

3つ目は、胆汁を作る原料としての役割です。胆汁はあまり聞き慣れないかもしれませんが、食物などで摂り込んだ栄養素を分解して腸から吸収されやすい状態にする働きがあります。コレステロール不足によって必要な栄養素を取り込めなくなることも考えられます。

ダイエットをすれば血中コレステロール値は下がる?

ダイエットが順調に進んでいても血中コレステロールが下がるわけではありません。ただ、2種類のコレステロールのバランスは変化していきます。2種類のコレステロールというのはHDLとLDL、いわゆる善玉コレステロールと悪玉コレステロールです。

血液中にコレステロールが溜まってしまうと動脈硬化を起こし体の代謝効率が悪くなってしまいます。善玉コレステロールは細胞で余剰になったコレステロールを運び出してくれるので、血管内でのコレステロールの蓄積を防いでくれる働きがあります。

ダイエットによって食生活が改善されると血液をサラサラにしてくれる善玉コレステロールが増えるので、効率的な体重減少につながります。そのため健康的なダイエットには食生活の改善は欠かせません。

血液をサラサラにする食物は野菜や魚です。肉類必要ですがなるべく余分な油は落としましょう。野菜に含まれるビタミン類は血管が老いていくのを防ぎます。食物繊維は脂肪の吸収を抑えたり、食事の始めに取ることで食べ過ぎを防ぎます。

魚に含まれるDHAやEPAは脂肪ですが、悪玉コレステロールを減らしたり傷ついた血管を修復する働きがあります。このように、食事を見直すと血液や血管の状態が良くなり血中コレステロールのバランスも良くなっていくのです。

血中コレステロール値を意識して健康的なダイエット

血中コレステロールを意識しておくとダイエットを効率よく行うことができ、過度な負担をかけなくても済むので健康的に体重を減らしていくこともできます。

血液と血管を健全に保っていなければ効率よく中性脂肪を燃焼していくこともできませんし、なかなか体重が落ちなければ挫折の原因にもなりますよね。

ダイエットで最悪なのはリバウンドをしてしまうことです。血中コレステロールなどの血液や血管の健康を意識することを習慣づけると体の変化に敏感になるのでリバウンドの原因になる不摂生の抑止にもなり、長期的なダイエットも可能になります。

ダイエットを行う時には血中コレステロールにも目を向け、効率よく健康的に行うようにしていきましょう。

>>効率的なダイエットにも血液サラサラサプリが人気