血中コレステロールが増えてしまうと血液がドロドロになって動脈硬化の原因になってしまいます。一口にコレステロールといっても善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、善玉コレステロールが増えると細胞で消費されなかった余剰コレステロールを運び出す機能が積極的に働くので、血液はサラサラになっていきます。

しかし、悪玉コレステロールがなければ良いというものではありません。悪玉と言われると悪い印象しかなくなってしまいますが、悪玉コレステロールにも栄養素などを各細胞に運び込むという大切な働きがあります。

では何が問題かというと、悪玉コレステロールが増え過ぎてしまい善玉コレステロールが回収しきれなくなって血管壁に入り込んで酸化してしまうということです。酸化してしまったLDLは動脈硬化を引き起こし、血栓を作って脳梗塞や心筋梗塞といった病気の原因になってしまいます。

これを防ぐには血中コレステロールが多くなり過ぎないように気を付け、常に血液をサラサラに保つことが重要です。血中コレステロールの増加を防ぐにはどうしたらいいのか見ていきましょう。

血中コレステロールが増えてしまうとどうなる?

血中コレステロールは体にとってなくてはならない大切なものです。しかし、過剰に増えてしまうと動脈硬化につながってしまいます。

コレステロールは脂肪の1つで、血液の中に脂肪が多くなると血液はドロドロになります。血液がドロドロになると血流が悪くなり動脈硬化を引き起こします。動脈硬化がすすめば、脳梗塞や心筋梗塞等の大きな病気に繋がります。そのため、コレステロールが増え過ぎないようにして血液をサラサラの状態に保たなければなりません

血中コレステロールが増えてしまう原因は?

血中コレステロールが増える原因は運動不足や脂肪の摂り過ぎが主な原因です。

血中のコレステロールは大切なものなので、体には調整する機能が備わっています。食事を摂らなくても一定量は肝臓が日常的に作り出しています。

しかし、コレステロールを摂り過ぎたり運動不足によって消費量が減ってしまうとコレステロールが余ってしまい血液中のコレステロールが増えていってしまいます。

血中コレステロールを増やさず、血液をサラサラに保つためには運動やバランスの取れた食事を摂ることが大切です。

血中コレステロールを改善して血液サラサラに

血中コレステロールは増やさないに越したことはありませんが、増えてしまったら運動や食事など生活習慣の見直しが必要です。

運動は、エアロビクスや水泳、ジョギングやウォーキングといった有酸素運動が効果的です。脂肪は激しい運動をしても消費されません。脂肪はエネルギーが高い分使える状態にするまで時間がかかります。激しい運動では、すぐにエネルギーとして使える糖やたんぱく質が優先的に使われるため、ゆとりのある運動を長く続けるのがポイントです。

食事は野菜や魚を積極的に摂るようにして下さい。肉類に含まれる脂肪は蓄積されやすいものが多いため食べるときには湯に通すなど工夫をしましょう。野菜は含まれる食物繊維が脂肪の吸収を抑えたり、野菜中心の食生活にすることで健康的に食べ過ぎを防いでくれます。

魚に含まれるDHAやEPAはコレステロールを減らしたり血管の状態を良くします。DHAやEPAは酸化しやすい性質があり、酸化したものはかえって動脈硬化の原因になるので注意が必要です。シソ油やオリーブ油もコレステロールを減らしてはくれますが生で摂らないと効果はあまりありません。

食事の材料で体に良いと言われるものはたくさんありますが、間違った調理をしてしまうだけで効果がなくなってしまうものも多いので注意が必要です。いちいち覚えてられないという人は有効成分の塊のようなサプリメントで補うのも1つの方法です。血中コレステロールを改善して血液をサラサラにし、生活習慣病などを予防していきましょう。

>>血中コレステロールの改善に効果的な人気サプリ