血中コレステロールが高いと高脂血症などのリスクが高くなり、放っておくと動脈硬化が進み大事にもつながりかねません。血中コレステロールが高くなっていても如実なトラブルが表面化しにくいので気付いた時には手遅れになってしまうこともしばしばなので、血中コレステロール値は意識的に把握しておく必要があります。

血中コレステロールが高い時は当然下げる必要があり、食生活や運動などの生活習慣の改善が求められます。しかし、長年の習慣を変えるというのは思っている以上に大変でなかなかうまくいかない人も多いと思います。

そんな時に健康食品と言われるコレステロール値を下げる働きのあるサプリメントなどを利用すると無理なく習慣を変えていくことができ重宝します。

健康食品なんて効果あるの?と疑っている人も多いようですが、その効果や効能は物と使い方によって変わってくるのは事実です。逆を言えば物と使い方によっては効果的に血中コレステロールを改善することも可能ということです。

血中コレステロールを下げると言われる健康食品の効果や効能について考えていきましょう。

血中コレステロールを下げるのに健康食品を摂る利点は?

血中コレステロールを下げるのに健康食品を利用するメリットは、血中コレステロールを上げるために作用する有効成分を手軽にピンポイントで摂ることができるという点です。

もちろん日常的な食生活を改善していくことが必要ですが、慣れ親しんだ生活習慣を変えていくのは思っている以上に大変で、ストレスが大きくなってやめてしまったり、かえって血中コレステロールが増えてしまったりということも考えられます。

ですので突然大きく変更するのではなく、徐々に改善していくことが大切です。しかし、その間にも血中コレステロールは高くなっていってしまいます。そこで健康食品などで不足している栄養素などを補いつつ食習慣を改善していくことでストレスにならない改善が可能になります。

好き嫌いなどで不足している栄養素も簡単に補充できるというのもありがたいところですね。例えば魚嫌いの人はDHAやEPAといった血中コレステロールを下げてくれる成分が完全に不足しています。しかし、食習慣を見直そうとしても魚を食べることはないと思います。そんな時にDHAやEPAのサプリメントであれば魚を食べなくてもDHAやEPAといった成分を簡単に補うことができます。

このように、健康食品には使い方次第で大きなメリットがあるので効果的に活用していくようにしましょう。

血中コレステロールを下げる健康食品の成分の効果効能

血中コレステロールを下げるのに有効な成分で有名なのは魚に含まれるDHA、EPAです。コレステロールを減らして血液をサラサラにし血管の状態を良くしてくれます。DHAやEPAは体で作れないので食べ物から取る摂る必要があります。DHAやEPAのサプリメントなどはDHA・EPAを含む魚油を精製してそのまま封じ込めているので食品から摂るのと変わらない効果が期待できます。

健康食品として有名なニンニクにはアホエンが含まれ、中性脂肪やコレステロールを下げる他に抗がん作用や美肌効果にも期待できます。ニンニクに含まれる有効成分は100℃以上で加熱すると無くなってしまうものがあります。熟成にんにく、黒にんにくは低温で熱しているため有効成分を破壊せずにサプリメントに封じ込めているので効果的です。

この2種類の成分を摂ることで血中コレステロールの改善効果が期待できますが、基本はあくまでも食生活の改善を心がけるようにしましょう。

血中コレステロールを下げるために健康食品を効果的に活用する方法

血中コレステロールを下げるのに重要なのは食生活です。一汁三菜がバランスがよく理想的です。しかし、忙しくて外食が多くなったり、付き合いなどでアルコールを飲んだりすることも多くなかなか一汁三菜を貫き通すのは難しいと思います。

人との食事をする時にいちいち栄養のことを考えていては食事はが楽しくないですよね。食べ過ぎた、飲みすぎた、食事が偏っていると感じたときに使いやすいのが健康食品です。

サプリメントやお茶、最近ではヨーグルトなどにもコレステロールを下げる成分が入ったものがあります。日頃の食事をバランスよく取ることも大切ですが無理をしても続きません。忙しい時や習慣化するまでは、健康食品を使い効果的にコレステロールを下げていきましょう。

>>血中コレステロールを下げる人気にんにくサプリ

>>DHA・EPA不足を効率的に解消する「きなり」の口コミ体験談