イソフラボンと言えば女性の間では女性ホルモンに似た働きをすることでよく知られていると思います。美肌のためや更年期障害の緩和のためにすでに取り入れている人も多いのではないでしょうか?

意外に知られていないのがイソフラボンには血中コレステロールを下げる働きがあるということです。イソフラボンンは強い抗酸化作用のあるポリフェノールの一種なので、コレステロールを変化させて血栓を作る原因になる活性酸素を除去する働きがあります。

イソフラボンは美肌ホルモンと呼ばれるエストロゲンに似た働きがあるので美容目的で意識的に摂るようにしている人も多いですが、血中コレステロールを下げたり血液中の活性酸素を除去することで美肌や健康維持につながる効果的な成分なので積極的に摂るようにしていきましょう。

血中コレステロールを下げるのにイソフラボンが効果的なわけ

イソフラボンとはポリフェノールの1つです。ポリフェノールは、たくさん種類があり抗酸化作用を持つため動脈硬化を予防するのに効果的です。

その中でもイソフラボンは血中コレステロールを下げる効果を持ったポリフェノールです。コレステロールには、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)と呼ばれるものがあります。コレステロール自体は体にとって必要なものですから悪玉と言っても通常は悪いものではありません。しかし、血液中に増え過ぎると動脈硬化の原因になってしまうので悪玉と呼ばれています。

一方、善玉コレステロールは血液中にコレステロールが多くなった時に余剰なコレステロールを回収してコレステロール値を下げる働きをします。イソフラボンは、このHDLコレステロールを増やす働きがあるのでイソフラボンを取ると血中コレステロールが下がります。

イソフラボンを多く含む食べ物は?

イソフラボンは大豆や葛といったマメ科の植物に多く含まれています。中でも大豆イソフラボンが身近で簡単に摂れるイソフラボンとして有名です。

大豆・きな粉・豆腐・油揚げ・納豆・おから・味噌・醤油など大豆の加工食品に多く含まれています。一般的な和食を中心にした食生活を行なっていればそれほど意識的にイソフラボンを摂ろうとしなくても良いのですが、近年は食の欧米化が進んでいるので意外と不足しやすくもあるのがイソフラボンです。

血中コレステロールを下げるために効率よくイソフラボンを摂る方法

イソフラボンを1日に摂る目安は50mg前後で、豆腐だと150グラム(約2分の1丁)、きな粉大さじ3杯、納豆1パック、豆乳200ミリリットル(コップ1杯)くらいです。

厚揚げやがんもどきはイソフラボンを含んでいますが揚げてあるので活性酸素を取り込まないようになるべく避けましょう。調理法も出来れば蒸したり茹でたりと油を使わずにするのがベストですが、もし油を使う場合はすぐに食べるようにしましょう。時間が経つと油は酸化します。酸化すると悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールが増えてしまいます。血中コレステロールを下げるためにイソフラボンを摂るならなるべく酸化したものは摂らないようにしましょう。

きな粉とハチミツを混ぜてトーストに塗ったり、きな粉を牛乳に混ぜて取ると手軽に取ることができます。きな粉に混ぜるならば、砂糖よりはハチミツをおすすめします。ハチミツには、ミネラルやビタミン等が含まれています。取りすぎはいけませんが、ティースプーン一杯ほどならば問題ありません。

イソフラボンはサプリメントにもなっていますが、出来れば大豆製品から取りたいものです。イソフラボンは女性ホルモンと似た働きがあり、摂り過ぎるとホルモンバランスを崩す恐れがありますので特に女性は食品から摂るようにしましょう。大豆製品ならば摂取量が多少多くても問題ありません。

イソフラボンなら食事で十分に摂ってるよという人で血中コレステロール値が気になる人はイソフラボンの過剰摂取は避けて、血液サラサラ効果の高いにんにくや青魚などを食べるようにすると効果的です。でもそんなにいろいろ食べられないという人はサプリメントなどを有効活用すると便利ですね。

>>血中コレステロールを下げるのに効果的なサプリならこれ