血圧にも個人差がありますが、基準値というのがあるので、どこからが高血圧になるのかを知っておく事も大切です。

高血圧となる数値の基準

高血圧にもいくつかの種類があり、昔とはガイドラインが変わっています。

至適とされるのは最高値120mmHg、最小値80mmHgです。正常値は最高値が130 mmHg、最小値が85 mmHgですが、正常値よりも高い状態が日常的に続けば、高血圧予備軍となりますので安心できません。

最高値130から139 mmHg、最小値85から89の場合は正常高血圧と判断しますが、すでに高血圧の域に達しているので、生活習慣の改善が必要です。

最高値 最低値
正常値 120~130 80~85
注意 130~139 85~89
1度高血圧
軽度
140~159 90~99
2度高血圧
中度
160~179 100~109
3度高血圧
重症
180 110

新たに設けられたガイドラインでは、1度、2度、3度と段階が増えています。最高値140から159 mmHg、最小値90から99 mmHgは1度高血圧、最高値160から179 mmHg、最小値100から109 mmHgは2度高血圧、最高値180mmHg、最小値110 mmHgは3度高血圧となり、軽傷、中等、重症に分かれています。

参考:国立循環器病院高血圧のガイドライン

血圧をチェックしよう

病院に行くと無料で利用できる血圧測定器もありますが、毎回病院に行くのも大変ですから、家庭用血圧測定器があると便利です。これなら自宅にいても好きな時に測れますし、自分の血圧を把握する事ができます。値段はピンキリですが、ネットショップでも購入できます。

高血圧は重篤な病気のリスクを高めますので、血圧は低いほうがいいと思い込みがちです。しかし低すぎても問題ですから、至適に近い状態にコントロールする事が大切なのです。血圧をチェックして特に問題ないなら安心ですし、高い場合は病院に行き原因を確かめ、その原因に応じて適切に対処していきます。

血圧は測るタイミングがポイント

家庭用血圧測定器があれば、常に自分の血圧を把握できます。ただし血圧は測るタイミングによって数値が大きく変わります。血圧が高くなりやすい時に測ると高血圧と勘違いしますので、測るタイミングも知っておきましょう。

血圧を測るのは1日1回よりも、何度か測っておくと1日の変化などもわかるのでおすすめです。朝起きてから1時間以内、食事を食べる前、トイレに行った後、寝る前に測ります。これら全てを測る必要はありませんが、測るタイミングを決めたら毎日同じ時間に測ります。

落ち着いている時に測るのもポイントですから、イライラしている時、家族と喧嘩した時など平常時とは違う場合はそれを避け、落ち着いてから測ります。興奮や緊張は血圧を上げますから、気持ちをコントロールする力もつけておくと安心です。すでにお風呂に入ってしまった場合は、1時間以上経ってから測れば大丈夫です。