高血圧の症状には個人差がありますが、高血圧は別名をサイレントキラーと言います。気づかない間に症状が進み悪化するのでこう呼ばれています。

高血圧の症状

高血圧はその名の通り血圧が高い状態です。しかし血圧が高くなっても自覚症状がないため、多くの人は自分が高血圧とは気づかないまま生活しています。

特に症状がないなら血圧が高くでも問題ないのでは?と思いそうですが、血圧が高い状態が続けば、血管には大きな負担が掛かり続けます。これにより動脈硬化のリスクが高まり、心臓や脳という重要な臓器への負担も大きくなり、心筋梗塞や脳梗塞という重篤な病院のリスクを高めるのです。

高血圧はほとんど自覚症状がないのですが、全くないというわけではありません。頭痛、めまい、手足の痺れ、吐き気、耳鳴りなどそれほど重篤な状態ではなくてもある程度のサインはありますので、原因不明のこれらの症状が続く場合は高血圧の可能性を疑ってみましょう。

症状が出た時には遅いの?

高血圧はほとんど自覚症状がないため、気づきにくいというのも厄介な理由です。頭痛や吐き気、めまいや耳鳴り、手足の痺れなどは高血圧以外にも見られる症状ですが、すぐに症状が治まる事も多く、疲れているからとか、年だからと自分に都合よく解釈してしまう事も少なくありません。

症状があっても気づかない事の方が多いのですが、進行すると動悸、呼吸困難、胸の痛み、夜尿症、むくみ、激しい痺れなどが起こります。こうなるとかなり進行している可能性があり、危険なサインと考える事ができます。

高血圧の原因と注意すべきサイン

高血圧になる理由は人により違いますが、思い当たる症状がある人は、自分の生活習慣を振り返ってみましょう。高血圧の原因の多くは生活習慣と関係しているからです。

塩辛い物や濃い味付けを好んで食べる、揚げ物や肉など高カロリーの物が多い、お酒を毎日たくさん飲む、タバコを吸う、常にストレスを感じている、ほとんど運動はしない、中高年でこれに思い当たる人は高血圧のリスクが高い人と考えられます。

肥満も高血圧のリスクを高めますが、同時に糖尿病のリスクも高まります。高血圧と糖尿病は併発しやすく、併発すると心臓病のリスクが高まるので、早いうちに治療を始め、生活を改善していく必要があります。

動脈硬化を起こしていると、ある日突然脳梗塞や心筋梗塞になる可能性もあります。命に関わる事ですから、早めの対処が重要です。