高血圧は誰もがリスクを抱えていると言われていますが、高血圧が原因でうつを発症しやすいという事もわかってきています。高血圧とうつの関係と、どう対処していけばいいかを紹介しておきます。

高血圧とうつ病の関係性について

高血圧とうつ病は一見すると、なんの関係もないように思えますが、実は高血圧患者の3割近くにうつ病を併発している人がいる事が確認されています。多くの場合、先にうつ病を発症していて、それが原因で高血圧症を引き起こしているようです。

うつ病は心の病と考えられていましたが、実は脳に原因がある事が確認されています。脳から分泌される神経伝達物質の量が変わる事で、うつ病を引き起こすのです。ではなぜこれとは全く関係ない血圧が高くなるのでしょうか?実はこれも脳から分泌される神経伝達が関係しています。

うつ病の原因はその多くがストレスです。高血圧は塩分の摂り過ぎ、肥満、運動不足、タバコやお酒という生活習慣が原因です。高血圧になる原因がない場合も、うつ病になる事で高血圧を併発する事があります。これは自律神経のバランスが崩れる事で、結果的に高血圧を引き起こす事が原因です。

なぜ高血圧でうつになるのか?

ストレスは、自律神経のバランスを大きく崩してしまいます。この時ホルモンバランスも崩れているので体調不良など全身症状を感じやすくなります。自律神経は全身のバランスを司る神経ですが、この時交感神経が優位になっています。

交感神経が優位になっている時は、脳が緊張や興奮している状態です。この時血管が収縮して血圧が上がるため、うつ病が原因で高血圧状態になりやすくなってしまいます。これがうつ病で高血圧を併発する原因です。

本来の高血圧の原因となる、塩分、肥満、運動不足、タバコやお酒という原因になる物とは縁がない人でも、うつ病になった事で自律神経がバランスを崩すと体にも変化が現れるため、高血圧になってしまいます。元々高血圧は自覚症状がない事と、うつ病と高血圧を結びつくとは思わないため、高血圧になっていても気づかない事が多いのです。

この場合はうつ病が引き金となり血圧が上昇しているので、うつ病の治療をする事で血圧を落ち着かせる事ができます。逆に考えて高血圧の治療をしているのに、なかなか症状が改善されないという場合は、うつ病を併発している可能性もあります。どちらかに気づいていれば早く治療を開始する事で、悪化させる前に対処できますが、気づきにくいところが厄介です。