お酒の飲みすぎも高血圧の原因となりますが、酒は百薬の長ということわざがあるように、飲み方を工夫すれば健康維持に役立てる事ができます。

高血圧でもお酒は飲める?

高血圧で食事療法をする場合は、飲み物も対象になりますから、お酒も制限の対象です。多くの場合はお酒をやめないといけないと考えます。

確かにお酒の飲みすぎで高血圧になる人も少なくありませんし、重症高血圧の場合はアルコールを禁止する事もあります。飲めるか飲めないかの判断はまず医師の診断の元決定してください。

これは高血圧の症状や状態にもよりますが、それほど症状が重くない場合や高血圧の予防のためであれば、お酒の効果については考えてみてほしいです。

酒は百薬の長と言うことわざがあるように、適量ならアルコールは血行を促進し、血液中の善玉コレステロールを増やすなどメリットもあります。お酒を飲むと血圧が上がるイメージですが、実際に飲んだ直後は血圧が下がります。この事を考えるとむしろお酒は高血圧の改善や予防に関してはプラスに働きます。適量を守って飲むお酒は必ずしも高血圧の主原因とはいいがたいです。

こうして見るとアルコール自体はそれほど悪というイメージはないのに、なぜ高血圧になるのでしょうか?原因はお酒と一緒に食べる「おつまみ」です

アルコールは食欲を増進させる作用もある事と、塩辛い物が良く合うのでどうしても塩分の摂り過ぎ、食べ過ぎという事になってしまいます。従ってアルコールを適度に抑え、おつまみも変えていけば、高血圧でも禁酒する事なく晩酌ができるのです。

おすすめのお酒の飲み方

高血圧の場合はお酒を控えたほうがいいのですが、どうしても飲みたい時は適量なら飲んでもOKです。ただしついつい飲みすぎてしまえば、高血圧の症状を悪化させますのでくれぐれも飲み過ぎないよう注意してください。種類ごとに飲んでもいい量を紹介しておきます。

  • ビールなら666ml
  • ワインなら250ml
  • 日本酒180ml
  • 焼酎85ml
  • ウイスキー75ml
  • ウォッカ60ml

までとなっています。

アルコール度数が多いお酒ほど量を控えめにする、と思っておくとわかりやすいです。この範囲内で守れるなら、晩酌もできますが、お酒の量を控えても塩辛いおつまみや、高カロリーの揚げ物をたくさん食べてしまえば意味がありません。お酒だけでなくおつまみも、塩分やカロリーを控えめにしておきます。

お酒がやめられない場合は、医師に相談するのもいいかもしれません。症状により飲んでいい場合とダメな場合がありますが、担当医なら症状もわかっているので、どの程度まで飲んでいいかを的確にアドバイスしてもらえます。ただし担当医に止められた場合は指示に従いましょう。