血液をサラサラにするためには日々の食生活が大切です。血液がドロドロになるのは血液に不必要な成分が混じったり血管に老廃物が溜まったりすることが原因ですが、人間の血となり肉となるのは体外から取り込む食べ物がほとんどなので、食生活には気をつける必要があります。

血液をサラサラにするには何を食べればいいの?と聞かれて血液大臣が一番に挙げるとすればです。

魚にはDHA・EPAという魚独自の脂肪酸が含まれており、特にEPAは動脈硬化の医薬品にもなるくらいその効果が認められています。

魚で血液サラサラ

DHAとEPAはセットで扱われることの多い成分です。どちらも魚、特に青魚に多く含まれていて、人間の体内では合成しにくい必須脂肪酸です。

この2つのうち、血液サラサラに高い効果があるのがEPA(エイコサペンタエン酸)です。EPAには血中脂肪の代謝を活発にするとともに、コレステロール値を下げる効果が分かっています。さらに血小板の凝固を抑制する働きもあり、血栓(血管中の血の塊)を防止して動脈硬化などを防ぐ効果があります。

DHAはドコサヘキサエン酸と呼ばれ、こちらの方が有名でしょうか。脳の栄養素として知られ、受験勉強のためのサプリメントとしてたくさん売られていますね。
脳にとって重要な栄養素だけでなく、摂取すると血中の中性脂肪を減少させることが分かっていて、EPAとセットで摂取するのが効果的です。

DHAが不足すると、セロトニンという脳内伝達物質が減少します。セロトニンの不足がうつ病の原因ともいわれており、DHAを摂取することはうつ病対策としても有効なんです。

かつて日本の食事は魚中心だったのでDHAやEPAといった成分を十分に摂取することができていましたが、欧米的な食事が多くなった近年は摂取量が減少していると言われています。少しでも多く摂取する為に、DHAやEPAが多く含まれる魚についてみていきます。

DHAとEPAを多く含む魚は?

DHA・EPAはどの魚にもたくさん含まれているというわけではなく、多く含む魚が存在します。

うれしいことに、アジやイワシ、サバ、サンマ、ニシンといった大衆魚には多く含まれていて、背の青い魚であるマグロやカツオ、ブリなどにも豊富に含まれています。

マグロのカマ

さらに多く含んでいるとされる部位があり、魚の目の周りのゼラチン質の部分。ここには多くのDHA・EPAが含まれています。そもそもこれらは油ですので、たん白な魚で油を多く含んでいるのはトロの部分か目の周りが一番多いんです。マグロのカマ(頭)や、手に入りやすいものでは鯛のアラなどを煮付けにして食べれば最高に美味しい上に栄養価も高いのでおすすめです。

これを1日にどれくらいの量を摂取すればよいのかというと、1日あたりの目安量は成人で1gから3gが適量とされています。イワシ(15センチくらい)であれば2匹、アジで丸ごと1匹、マグロの刺身は、部位によって変わります(油の含有量が違う為)が、赤身でいうと20切れ近くも食べないといけない計算になります。

毎日この量を食べ続けるのは難しいですよね。でも必要量を摂るならこれくらい必要なんです。

毎日継続して摂取するのがカギ

刺身

血液サラサラを目指すなら日々の積み重ねが大事です。つまり継続的にDHAやEPAを摂ることが必要です。

しかし、魚を毎日食べ続けるとなると難しいのが現実です。魚が苦手な人もいれば、肉を食べたいという日もあると思います。残念ながらDHAやEPAは魚以外には含まれず、他には一部のスピルリナのような藻類からしか摂取できない栄養素です。

DHAやEPAは酸化しやすい性質もあるので、刺身など鮮度の高い状態で食べないと有効成分の吸収効率が悪くなってしまうと言われています。ここにわざわざサプリメントにする理由があるんです。

サプリメントであれば魚嫌いな人でも飲むことができますし、鮮度に関係なく有効成分をしっかり摂ることができます。いくら魚好きという人でも毎食アジを丸ごと1匹食べ続ければ飽きてしまいますし、これはこれで栄養バランスが良いとは言えません。

飲み忘れに気をつけるだけで日々必要な摂取量が賄えるサプリメントを活用しない手はありません。特に血液サラサラになりたいけどをあまり食べないという人は、DHAやEPAが不足しているのでサプリメントで摂取していきましょう。

>>成分にこだわった人気DHA・EPAサプリメントはこちら