血液をサラサラにしたいと考えている人は多いと思いますが、反対に血液がドロドロになってしまう原因は何なのかということも理解しておきましょう。血液がドロドロになるとはどういう状況を指すのか血液がドロドロになってしまう原因を調べてみました。

N934_tenjyouwomiagekangaerudr500-thumb-350.jpg350%-1879

血液ドロドロの医学的状況は、「高脂血症」と呼ばれます。ちなみに正式名称は「脂質異常症」というものに改名されていますが、以前の名前のほうが知られているのではないでしょうか?

これは、血液中を移動している脂質であるコレステロールが異常に多い状態、もしくは善玉コレステロールといわれる体に必要なコレステロール値が異常に低い状態のことを言います。以前は高脂だけが問題視されていましたが、善玉コレステロールが異常に低い場合も問題になることがわかっています。

コレステロールは関連する脂質を多く摂取することで血中濃度に影響を与えます。その中の悪玉コレステロールは血管に徐々に蓄積され、それが引き金となって動脈硬化や脳梗塞を引き起こすものをメタボリック症候群と呼ばれるのです。

コレステロールについての誤解

そもそもコレステロールとは何なのか?コレステロールは食物として摂取しているのは3割ほどでほとんどが肝臓で生成されています。こちらで分かりやすく解説してくれています

食べ物から得られるコレステロールは卵黄からが一番多く、ついで肉類に含まれる油、マーガリンやバターなども多く含まれます。決して食べてはいけないというわけでは無く、本来は必要なもの。先述したようにコレステロールは全てが悪者扱いされがちですが、人間の生体膜を合成するのにも必須の成分です。善玉・悪玉といいますがどちらも大事な役割があり、減ると問題なのが善玉・増えると問題なのを悪玉と呼んでいるに過ぎないです。

通常は肝臓でコレステロールのバランスは保たれていますが、アルコールの大量摂取や糖分の摂りすぎなどで肝機能に負担がかかるとこのバランスは崩れ、悪玉といわれるLDLコレステロールが増えてしまうのです。

このLDLが血管内に増えて血管内に付着すると、血液はドロドロになり血栓などを作ってしまうんです。

増えてしまうLDLコレステロールを減らす働きをしてくれる成分や食品が研究されており、それらをバランスよく摂ることでLDLの増加を防ごうとしているんです。

一時的に引き起こされる血液異常

長い月日をかけて生活習慣病となる脂質異常症だけが問題ではなく、普段の生活の中で起こる一時的な血液がドロドロの状態でも臓器不全や頭痛などを引き起こすこともあります。

代表的なのが、糖分の過剰摂取による血糖値の一時的な急上昇によるもの。ペットボトル症候群ともいわれるものです。

体内で血糖値の調節をしているものは、インスリンのみです。この機能が異常を起こすと糖尿病などになりますが健常者でも一時的にインスリンが制御できる容量を超えてしまい、似たような症状を引き起こしてしまうことがあります。

暑い夏などに糖分がたくさん入ったジュースなどを一気飲みしたり、甘いお菓子などを食べ過ぎることで起きます。糖分の摂りすぎで血糖値があがると血流は悪くなり、毛細血管に血液が行き渡らないので、頭痛や吐き気、臓器不全となるのです。甘いものは極力控え目にしましょう。

夏に関することでは、大量の発汗によっても血液の流れは悪くなります。

通常は腎臓によって血液中の水分濃度は一定に保たれていますが、急激な体温上昇による発汗はこのバランスを崩します。汗というのは体温を下げて体の器官を守る為に出るものなので、体の保全機能が優先されると当然血液からも水分は失われます。

汗を大量にかいてのどの渇きを訴える前に、少しづつ水分を摂ることが重要です。水分補給についてはこちらでもふれています

何事も急激な変化は血液に敏感に反映されてしまいます。注意したいのは、すでに動脈硬化や血栓が進行してしまっていると、このような一時的要因が引き金となって病状を進行させる可能性があることです。ある程度自覚症状がある場合は、しっかり血液中のコレステロールを管理し体に負担をかけないように無理しないようにしましょう。

>>やっぱり血液ドロドロは嫌!血液サラサラにするサプリならこれ