いつも飲んでいる持病の薬があっても血液サラサラになるためのサプリメントを一緒に飲んでも大丈夫なのでしょうか?気になるところですよね。

N934_kapuseruwomotudr500-thumb-350.jpg350%-1871

サプリメントというのは、分類的には食品と位置づけられます。

健康食品という言葉があるように、サプリメントも基本的にはその一部で普段の食事で不足しがちな栄養素を効果的に補うのがサプリメントの目的です。基本的には薬と一緒に飲んでも問題は無いと考えて大丈夫です。

ただし例外はどこにもあり、心疾患の薬(ワーファリン)を飲んでいる人は納豆を食べると薬の効き目が効果が落ちるで食べてはいけないので、納豆成分を含んだサプリはこれらの持病持ちの人は注意が必要です。

他にもいくつも薬を処方されていて、不安があるという人はかかりつけ医師にサプリメントを持参し飲んでも大丈夫かを相談するのが間違いないでしょう。

材料成分にはまれにアレルギー成分も含まれています。卵黄やゼラチン、魚の油にアレルギーがあればDHA・EPAのサプリメントにも注意が必要です。自身のアレルギーとサプリメントに含まれる成分をよく確認して、せっかくのサプリメントでトラブルが起きないように注意したいです。

気分が悪くなった経験

サプリメントを飲んで気分が悪くなったこともあります。

すきっ腹にサプリメントだけを飲んだところ、胸焼けがひどくて頭が変に冴えてしまい寝つきが悪くなることがありました。それだけ成分が濃縮されているのだと思いましたが、飲む時間を食後に限定したところ同じ症状は無くなりました。

サプリメントは食品といえど、どんな食品も完全に安全とは言い切れません。血液大臣は飲むタイミングを調整するだけで治りましたが、時には一時的に中断して様子を見たり飲む錠剤の量や回数を減らしてみるということも必要かと思います。

どうしてもおかしいというときは自分で判断せずに、医師に相談するのを忘れないようにしてくださいね。

>>健康増進!血液サラサラサプリならこれ