血液サラサラになるためには筋肉を刺激しての血行促進が欠かせません!

しかし時間がなくてなかなか運動すらできないという人も多いと思います。そこで、血液サラサラに役立つ自宅でできてしまう簡単な運動メニューを紹介します。

pic_d096

理想的なのは有酸素運動としてウォーキングやランニングを行うのがベストですが、時間がない、帰りが遅くて深夜になってしまうという人もいるでしょう。ここでは最も簡単にできてしまう筋トレ・脚の運動をご紹介します。

  1. 背筋を伸ばした状態で壁のそばに横を向いて立ちます
  2. 壁側の手を壁に付き片足そあげて片足立ちをします(壁に付いた手はバランスを取るだけなので触れる程度に)
  3. ふくらはぎを意識しながらそのままの状態でかかとだけを浮かせます

たったこれだけ。簡単ですね。これを30秒くらいを目安に片足3セットづつ行いましょう。これだけだとすぐに慣れてきてしまうので、慣れてきたらかかとをなるべく高く浮かせたり、かかとを床につけないように上下させて動きを付けると負荷がかかっていきます。

なぜこのメニューを紹介したかといいますと、脚というのはリンパを送るポンプのような働きもするからです。


女性に多いふくらはぎのむくみは、脚のリンパの流れが悪くなってしまっているのが原因です。リンパ管は血管と同様に全身に張り巡らされていて、細菌などをろ過する働きがあり、ろ過されたリンパ液は最終的に静脈に戻されます。リンパ液はほとんど血液と同じ成分で構成されていますが赤血球は含まれていません。

このリンパは血液と違い、流れをつくるポンプの働きをする器官がありません。血液の場合は心臓がその役割を果たします。ではどうやって流れを作るかというと筋肉の動きや内臓の動きなどがリンパ液を押し進めていくのです。そのため血液は1分もしないうちに全身をひと回りしますが、リンパ液は半日から丸一日かけて静脈までたどり着きます。

この流れが滞るとむくみなどが起こり血管を圧迫したり、病原体などの処理がうまくされずに残ってしまい、病気などにもかかりやすくなって血液の循環にも影響を与えてしまいます。リンパの流れを改善することも血液サラサラには重要です。

この運動はむくみの改善、座って仕事する人の血行改善・冬などに起きる赤ら顔の改善にも役立ち、時間もかからず場所も問わないので運動不足の人は積極的にやるようにして下さい。

関節の痛みなどを診ている私でも、マッサージよりもこちらの方が効果あるときありますので足は積極的に動かして血流改善を意識しましょう。

>>運動不足の人におすすめ!血液サラサラにんにくサプリはこれ