一日の汚れを落とし、疲れを癒す為のお風呂

血液の循環を促進して代謝機能を高める最高のプライベートスペースです。

お風呂も入り方一つで、実はストレスを与えていたり自律神経のバランスを崩すとされるので注意が必要です。

お風呂

あなたはお風呂に入るとき、熱いお湯が好きですか?シャワーだけで済ませたりしていませんか?

心当たりがある人はお風呂の入り方を見直したほうがいいかもしれません。

まずはなぜ熱いお湯に入るのがいけないかということについてみていきましょう。

熱いお湯は交感神経を刺激して疲労感倍増

熱いお湯というのは、体温を急激に上昇させて体も火照り、汗が出てきます。一見すると血行もよくなっていいように見えるのですが、体内ではよくないことが起きています。

急激に血流が増したことで、心臓や各臓器にかかる負担が増え、体が興奮状態になります。急激な臓器への負担は疲労感を生み出してしまい、疲れがとれません。熱い温泉につかった後に疲れが増すように感じるのもこれが原因。

また体が興奮すると、自律神経の交感神経というものが活発になる為、脳も興奮した状態になります。

自律神経には交感神経と副交感神経という相反する2つの神経系があり、交感神経は身体を緊張状態にして血管を収縮させます。逆に副交感神経は身体をリラックスさせ血管を拡張するは働きがあります。お風呂に入って疲れを癒すには、副交感神経の働きを活発にして血液循環を良くすることが大事です。そのため、熱いお湯に入るのはよくありません。

また、この作用はお風呂を出た後もすぐには収まらず、興奮した脳のせいで寝つきが悪くなったりすることがあるのです。寝つきが悪いという人もお風呂の入り方を見直してみてください。

シャワーだけで済ます人は体が芯まで温まりませんので、血行を促進して代謝機能を高めることはできません。人間の体が温まるのには時間がかかるため、いつもシャワーだけという人はたまには湯船にゆっくり浸かりましょう。

ではどのようにお風呂に入ればよいのかをみていきます。

血液をサラサラにする効果的なお風呂の入り方

まずお湯の温度ですが、夏も冬もややぬるめにします。夏は37度か38度くらい、冬は40度から41度にしましょう。

夏は湯船に入らない人も多いですが、クーラーの聞いた部屋などで体が冷えていることが多いので、体を温めるのは重要です。冬は初めは少しぬるいと感じますが、急激に体を温めるのはNGです。じっくりと血行をよくするために温度は低めにします。

どれくらい浸かればいいかというと、30分以上はじっくりと浸かってほしいです。体が芯から温まるまでには時間もかかります。低めの温度でゆっくり温めることで、心臓に負担をかけずに血流を良くすることができます。

慣れてきたら半身浴などもおすすめです。水圧の関係で負担なく血液を押し戻してくれるので血流の改善につながります。

これらを続けていると、自律神経の副交感神経が活発になります。この副交感神経はリラックス時にでるもので、毛細血管を開いて体を温める作用が働きます。

この方法では、始めは温まっていることを実感しずらいかもしれませんが、続けているうちに低い温度でも体が温まり汗が出るようになってきます。こうなれば自律神経の働きも正常になったと見ていいですね。

血行を促進して代謝機能を高め、血液サラサラ健康な生活を送るためにお風呂の入り方にはこだわってみましょう。

>>血液サラサラ効果の高いDHA・EPAサプリならこれ