どくだみが血液に良いって本当??

実は私も最近まで知りませんでしたが、どくだみも血液サラサラに優れた効果を発揮するということを聞きましたので調べてみました。

ttl_04image

どくだみは普通にそこらへんに生えていたりする植物で、よく駐車場の隅っこなんか日のあたらない場所で群生していますね。

独特の鼻に付く強力な臭いがするのですが、実は加熱したり乾燥させたりすると臭いがほとんどしなくなるという特徴を持ちます。そのためにてんぷらで食べたり、ハーブティーのようにお茶にして飲まれています。

生の状態で強力に香るニオイは殺菌・抗菌効果が強く、すりつぶして皮膚に塗ると湿疹を鎮めてくれる効果もあります。

漢方薬では十薬とも書き、葉を乾燥させたものを煎じて飲み、利尿作用をはじめ、クエルシトリンという成分が動脈硬化を予防して血栓を防ぐ効果が高いのです。十薬は漢方薬としては珍しくてほとんど他の生薬と一緒に使われることが無く、単体で用いることが多いのだとか。それだけ強力なパワーを秘めているということですね。

血液のために飲むのであれば、当然漢方薬かお茶として飲むことになるのですがお茶のほうが断然安くて手軽です。

何度も言いますがあの独特のニオイは乾燥と加熱で失われるので、ニオイがしないからといってこれはドクダミじゃないのでは?と疑わないように。ドクダミ茶を取り扱っている販売者さんに実際よく問い合わせがあるそうです。

そんなこんなで私もどくだみ茶を一つ買ってみました。これから残暑を乗り切って秋に備える為に飲み続けたいと思います。

>>ドクダミ茶と相性の良いにんにく卵黄サプリメントの詳細はこちら

>>お茶がにんにくの臭いを消すって本当?