脂ののった旬の魚はDHA・EPAの宝庫

血液をサラサラにしてくれる手軽な食べ物として、血液大臣も青魚(アジやさば、イワシ、秋刀魚、マグロ)をたくさん食べることを推奨しています。これらの魚には特にDHA・EPAが豊富に含まれているのでおすすめしています。

魚で血液サラサラ

しかし魚好きであれば、これら以外の魚もたくさん食べたいという人も多いと思います。他の魚もいろいろ食べたいという人は、旬の魚を選んで食べるようにすると脂の乗りも良くDHAやEPAを効率的に摂ることができます。

年中様々な魚が手に入りますが、旬以外では脂の乗りもいまいちで栄養価の乏しい魚もいます。養殖されたものよりも、自然に魚が体内で蓄えた脂のほうが栄養価が高いのはあえて説明するまでも無いでしょう。

季節の魚であれば新鮮な上に安く手に入るのでスーパーなどでも手軽に購入しやすいです。魚売り場の人に聞けばどの魚が旬で脂の乗りがいいか喜んで教えてくれるでしょう。

月別旬魚一例
1月:あんこう、きんめだい、いなだ、きんき、こはだ、たら、ぶり
2月:あんこう、きんめだい、しらうお、たい
3月:さより、しらうお、たい、にしん
4月:さより、しらうお、たい、にしん、めばる
5月:めばる、あじ、いさき、かつお、きびなご
6月:あじ、いさき、いわし、かじきまぐろ、かんぱち
7月:あじ、いわし、かじきまぐろ、かんぱち、かわはぎ、すずき
8月:いわし、かじきまぐろ、かんぱち、かわはぎ、すずき
9月:いわし、かんぱち、さんま、かつお、さけ
10月:いわし、かつお、さけ、さば、さんま、はたはた、はも
11月:いなだ、きんき、こはだ、さけ、さば、はたはた、はも
12月:あんこう、こはだ、きんき、きんめだい、さば、ししゃも、はたはた、たら

たとえ旬の時期に漁獲されたものでも冷凍期間の長いものも良くないです。鮮度的には全く問題なくても、冷凍された状態でも脂の酸化や劣化は進み変色したりすることがわかっています。解凍するときにも大事な栄養素や旨味成分が流れ出てしまうのでおすすめできません。

脂が乗った旬の魚に適うものはないということですね。

血液大臣がおすすめなのは、地方の漁協で朝に取れた魚を冷凍せずに、スチロールなどに氷を入れて配送してくれるサービスです。築地市場やテレビでも話題になった角上魚類など調べてみると、珍しい旬の魚が手に入るので興味がある方は一度調べてみると面白いですよ。

>>効率よくDHA・EPAを摂取するならこのサプリ