滋養強壮に一番と言われるにんにくですが、血液サラサラ成分のアリシンが多く含まれていて、このアリシンのニオイこそがにんにくのくさいニオイのもとでもあります。

燻製にんにく

にんにくに多く含まれる代表的な栄養成分、「アリシン」

アリシンに期待できる効果は、血小板の凝固を抑え、血栓をできにくくする働きがあり、動脈硬化や高血圧を防ぎ、血液サラサラにしてくれる成分です。アリシンはにんにくを筆頭に、ニラや玉ねぎにも含まれており、臭いがあまりクローズアップされない玉ねぎに脚光が集まりましたが、アリシンが最も多く含まれるのがにんにくです。

それもそのはず、にんにくの強烈なくさいニオイこそがアリシンが放つ臭いだからです。

アリシンには強力な殺菌作用や抗菌作用もあり、ブドウ球菌やO-157といった細菌、ウイルスまでも撃退する強い作用があるのも特徴です。

アリシンは水に溶けやすい物質で、加熱にも弱いのですが油と合わせると分解されにくくなるので炒め物やパスタなどに良く合うんですね。他にはビタミンB1と結合しアリチアミンという物質にも変化し、体内に吸収されやすくなります。そのため、ビタミンB1を多く含む豚肉や緑黄色野菜との相性は抜群です。調理する際はこのポイントをおさえましょう。

にんにくは食べ過ぎると消化不良を起こすことがあるので、成人は生にんにくで1日1個、加熱したもので1個半から2個までに留めるようにします。

アリシンがもたらす多様な効果

アリシンは実に様々な効能をもたらします。血行が促進されることは、新陳代謝も活発にし皮膚の代謝サイクルも健全化し美容や老化防止にも効果があります。

また肝機能も増強し、肝臓に溜まったアルコールなどの化学物質と結合して排出する作用を高めます。お酒の席でにんにく料理を食べることは理にかなったものといえます。

頭痛やストレスを改善する効果もあり、にんにくは正に万能選手。これで、ニオイさえなければ毎日食べられるのですが・・・そうニオイさえなければ。

にんにくの臭い対策

にんにくの臭いを和らげる方法はいくつかありますが、取り組みやすいものをご紹介します。

濃い目のお茶を飲むこと。

お茶に含まれる渋み成分であるタンニンとニオイ成分アリシンが結合すると、ニオイを消し去る効果があります。臭いがにんにく効果の元と考えている人が多く、臭いがなくなったら効果がなくなてしまうのじゃないかと思われるようですが成分的には効能は変わらないのでご安心を。

タンニンは植物が持つ渋み成分のことで、有名なカテキンもタンニンの中の一つです。そのため高濃度茶カテキンで有名なトクホ飲料と一緒に飲んでもにんにくの消臭効果があります。

他にはカテキンを含むものでは青汁があります。健康のために飲んでいる人はにんにくと一緒に摂取してもいいでしょう。

ワインの渋みもタンニンによるもの。ブドウの皮や種に由来する渋み成分で、にんにくのニオイに効果があります。ちなみにタンニンには整腸作用もあり、消化不良を起こしやすいにんにくとあわせて食べるのは薬理的にも効果があります。

にんにくは仕事柄どうしても休み前にしか食べれないので、黒酢とにんにくが合わさったサプリメントを愛用しています。にんにくも普通に買うと結構高くサプリメントのほうが安上がりだったりして重宝しています。

>>にんにくを効果的に摂るおすすめサプリはこちら<<