年齢が三十歳も過ぎれば、自分の体がどこが弱いかが分かるようになります。

私は、胃腸が弱いので、胃腸には気をつけています。季節を問わずに、胃腸を温める為に、腹巻をしようしています。胃腸の調子が悪いなと思ったら、腹巻にホットカイロを貼って生活しています。

あとは、食事です。あまり脂ものをとらないようにしていることです。肉や魚などの摂取でも、脂が多い種類よりもさっぱりとした種類のものを選び、尚且調理法もさっぱりしたもの、和食などで摂取するようにしています。

もう一つアロエヨーグルトです。アロエは、胃腸にいいらしいので、アロエを食べようとしましたが、それだけではなかなか食べる機会もないので、朝ごはんに市販のアロエヨーグルトを摂取するようにしています。

胃腸に良いということは消化吸収力も高まり、血液内の栄養バランスも整えることができます。朝を食べることで、昼食の量も抑えられるので、一石二鳥だと思います。

いくら体調不良でも、出来れば薬はあまり使いたくないので、食事管理をしっかりしています。

それを核にして、生活しています。あとは、体調が思わしくないときは、無理に食事をせずに胃腸を休めるようにしています。

若い頃は、体調が悪くても、少しでも食べて元気になろうという感じでしたが、年齢を重ねるとそれもなくなりました。適量・最適な栄養バランスで食べていくように気をつけることが大事ではないかと思いますね。