代謝機能を向上させるために切っても切り離せない意外な要素は入浴することですが、入浴の仕方もいろいろとありますね。ほんのわずかな時間を少し変えるだけで、からだに与える効果が全然違ってきてしまうのです。

例えばシャワーだけ浴びて済ませてしまう人と湯船にゆっくりとつかる人では体を温めることができるかどうかで差が出てきます。どちらがいいかといえば当然後者の方法です。部分だけしか体が温まらないシャワーだけというのは体の表面しか温まらず、入浴時間も短くなって温まった気になっているという状態。

15分から30分くらいかけてじっくりと湯船にゆっくりとつかる人は入浴時間も長く、体の芯から体全体をじんわりと温めることができます。体を温めることで血行を促進したり、脂肪を燃焼するなどのいい効果が期待できるので結果として細胞の生まれ変わりである代謝機能を促進できるということですね。

この効果をさらに活用する方法の一つとしてはダイエットにも効果的なことが分かっています。お風呂の中で自分が痩せたいと思っている部分を軽いマッサージをすることでいつもより高い効果が得られるようになっています。

また意外な方法としてお風呂から出る前に冷たいシャワーを浴びるという方法です。さっきまでと逆のことですが、ここで重要なのは体が十分に温まっているかどうかです。一度体を温めた後に冷たい水を浴びることで肌がいつもより引き締まります。そのため体全体で小さな運動がおこり、結果として新陳代謝が上がったり、脂肪の燃焼ができるようになっています。この水によって刺激を与えるというのと、再び体を温めるという行為を繰り返すことで手軽に代謝機能を高められるというのでやってみましょう。

お風呂に入る時間でもしっかりとダイエットをすることができます。