ベータカロチンというのは体の中で蓄積され、体内でビタミンAと同じ働きをするものに変換するという機能がある珍しいもので肌荒れを解消したり眼精疲労を回復させる効果があると言われています。

またベータカロチンにはそれ以外にも粘膜など体を保護してくれる部分を強化してくれる機能がありますのでベータカロチンをしっかりと摂取することで免疫力を高めることができます。

そしてベータカロチンには免疫を高める機能だけでなく抗ガン作用やアンチエイジングの効果もあるので体の健康をサポートするとっておきの成分です。

しかしどの食べ物にこのベータカロチンが含まれているのかわからない人が結構多いだと思います。
ベータカロチンが入っている代表的な食べ物としてかぼちゃやブロッコリーがあります。

またベータカロチンを効率よく摂取するうえで欠かせないことがありるのですが、それはベータカロチンは油によく溶けるという性質があることです。

この性質を利用して油でいためたものやゴマ油を使ったサラダを食べるとよりしっかりとベータカロチンを摂取することができます。同じように熱には弱いが脂に溶けやすい血液サラサラ食材のタマネギやにんにくなどと組み合わせても美味しく食べられそうですね。

ビタミンAが不足しているという人はベータカロチンを摂取することで改善することができます。