健康に必要とされるものには運動もあげられます。
毎日家でごろごろしてる人と、定期的に運動している人では、体型も肌質も違っています。
運動をすると健康になにが良いのか、疲れるだけだ、という人もいるかも知れません。
運動を行うと、カロリーが消化されたり、また筋肉がつきますので太りにくい体になり肥満の予防となります。
また運動することにより血行がよくなり代謝がUPするので、肌荒れや便秘にも効果があります。
また心肺機能が高まります。
おすすめの運動方法は、ウォーキングや軽いランニングなどの有酸素運動です。
これであれば時間や場所など関係なく、また器具も必要としないため、誰でも簡単に行うことができるのです。
有酸素運動は20分以上行うと効果がでると言われています。
最初はゆっくりでも慣れてきたらスピードを上げて、また距離も増やしていくとよいでしょう。
有酸素運動は乳酸が溜まりにくいといわれていて、疲れにくい運動方法なのです。
また、ヨガもとてもおすすめです。
ゆっくりと呼吸をしながら身体を伸ばしていくと、普段使わない筋肉を伸ばし、また呼吸法が自律神経に働きかけてくれるのでリラックス効果も高いのです。
激しい動きではないので、運動が苦手でも入りやすいと思います。