健康でいるために一番大事なものは
心が健康でいることです。
多くの人がストレスを抱えながら、生きているものですが、
それによって気持ちが下を向いた状態が続いてしまうと、
自然と体の状態も下をむいていってしまいます。

私の考える心を健康に持って行く方法として、

まず一つめは、しっかりと自分を見つめることです。
自分の考えだけにとらわれず、客観的に、時に親しい友人に意見を求めながら、
しっかり自分を見つめ、何に対して自分が囚われているのか、
それを改善していくにはどうすればいいのかを
建設的に論理的に考えることをお勧めします。
それが正解とはかぎりません。人の生き方に正解などないものです。

二つ目は、落ち込んだ気持ちを晴らす為に、体を動かしてみることです。
汗をかくと、その運動自体に集中して、意外とすっきりするなんてことがよくあります。

体を動かすのが苦手な方は、近所を散歩でもかまいません。
色んなものに視点を向けてみてください。
普段見なかったものを見て、思いをはせて、気持ちを上向きに持って行くように自分自身を誘導していくのです。

三つ目、本当に困ったときに大事なのは
人とのつながりです。

しっかり人に助けを求めてください。
友人でも、親族でも、病院でも、なんでも、自分の今の気持ち、状態を打ち明けられる場所を探してみてください。
溜めこんでしまってはいけません。しっかり吐き出してみてください。